【息切れ.com】〜心筋梗塞〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ikigire21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは息切れの原因となる病気、心筋梗塞について詳しく説明していきます。

心筋梗塞という病気は狭心症の進行した状態で、名の示す通り心筋が梗塞した状態を言います。心臓に血液を送る冠動脈の血管が動脈硬化などによって狭窄を繰り返し、血管が固まって血栓が出来ると次第に閉塞してしまい血流が完全に遮断されてしまいます。血流が途絶える為に、その場所から先への心筋に血液が運ばれずに心筋細胞が壊死してしまうのがこの病気の特徴です。

心筋梗塞の症状は、主に左側の心臓付近の強い痛みや絞扼感や圧迫感が15分以上に渡って生じます。他にも虚血状態により顔面蒼白や冷や汗、血圧の低下によるショック状態や意識不明の状態に陥ることもあります。
心筋梗塞は最初の発作で突然死するケースも決して少なくありません。安定狭心症のように安静にしていて発作が治まるということはなく、逆に悪化する一方です。心筋細胞の壊死が広範囲に広がれば広がるほど心臓のポンプ機能が低下し、危険な状態に陥ってしまいます。従って、発作時には出来るだけ早く処置を施す事が重要となります。


⇒ 鉄欠乏性貧血

⇒ 白血病

⇒ 心筋症

⇒ 急性心不全

⇒ 心臓神経症

⇒ 甲状腺機能亢進症


sponsored link



copyright©2014  【息切れ.com】〜苦しい息切れの原因や対処法〜  All Rights Reserved