【息切れ.com】〜急性心不全〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ikigire21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは息切れの原因となる病気、急性心不全について詳しく説明していきます。

心不全とは心臓の機能が著しく低下し、血圧が低下し全身の血流が滞ったうっ血状態のことを言います。急性と慢性があり、急性心不全の場合は適切な治療を迅速に行えば完治する可能性は低くありません。
心不全の最も多い原因は心筋梗塞で、この場合急性心不全に陥ることが多いです。他にも拡張型心筋症、心臓弁膜症、甲状腺機能亢進症、先天性心疾患、高血圧性心疾患などの病気が原因となる場合は慢性心不全となるケースが多いです。

急性心不全の症状は、咳や痰(ピンク色で泡状の痰)から、動悸、息切れ、冷や汗、呼吸困難、チアノーゼ、胸の痛みなどがあります。心臓喘息は、急性心不全の症状の一つで、喘鳴と呼ばれるゼーゼーと咳き込む症状が起こります。肺うっ血のために気管支が圧迫されることが原因で、喘息と似た症状が起こるのも特徴です。

治療は半座位の姿勢を取って、酸素吸入、利尿薬、血管拡張薬、強心薬を投与します。呼吸が安定していない場合は気管内挿管をして人工呼吸を行います。そして原因となっている病気の治療も同時に行っていきます。


⇒ 鉄欠乏性貧血

⇒ 白血病

⇒ 心筋症

⇒ 心筋梗塞

⇒ 心臓神経症

⇒ 甲状腺機能亢進症


sponsored link



copyright©2014  【息切れ.com】〜苦しい息切れの原因や対処法〜  All Rights Reserved