【息切れ.com】〜胸膜炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ikigire21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは息切れの原因となる病気、胸膜炎について詳しく説明していきます。

胸膜炎とは、肺の表面を覆う臓側胸膜と、胸壁、横隔膜、縦隔を覆う壁側胸膜からなる胸膜に炎症が起こっている状態の事を言います。多くは胸膜の中にある血管から血液中の蛋白や水の成分が2枚の膜の間の胸腔に浸みだして、胸水という水が溜まった状態になります。

胸膜炎の主な原因は肺炎や肺結核、肺がんなどですが、他にも膠原病や肺閉塞も原因として挙げられます。症状は初期から胸の痛みが生じ、深呼吸や咳によってさらに痛みが増す傾向にあります。発熱も伴うことがあり、咳が出る反面、痰が出ることはあまりありません。また症状が進行するにつれて呼吸困難に陥ることもしばしばあります。

胸膜炎の治療法は、根本的な原因に対する治療を行います。胸水が溜まっている場合には胸腔内に管を入れ、直接胸水を抜き出す排液を行う必要があります。ただし気胸を起こす可能性もある為、これを防ぐ為に抜いた胸水を濃縮して再び胸腔や静脈に戻すこともあります。


⇒ 気管支炎

⇒ 肺炎

⇒ 慢性閉塞性肺疾患

⇒ 肺がん

⇒ 気胸


sponsored link



copyright©2014  【息切れ.com】〜苦しい息切れの原因や対処法〜  All Rights Reserved