【息切れ.com】〜気管支炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ikigire21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは息切れの原因となる病気、気管支炎について詳しく説明していきます。

気管支炎とは、文字通り気管支に炎症が起こることをいいます。気管支炎の症状は、風邪を引いた時と症状が似ています。主に咳・痰です。気管支炎は、急性と慢性の2つに分けられています。
急性気管支炎は、風邪・インフルエンザなどに引き続いて発症することが多く、ウイルス・細菌・病原体などが原因とされています。急性気管支炎は、症状が約3ヶ月以内で治まります。
慢性気管支炎は、慢性の肺疾患の方・タバコを吸う方・大気汚染が原因と考えられます。急性気管支炎とは違い、症状が数ヶ月・数年にわたり症状が続きます。

急性気管支炎の治療には、気管支を拡張する四角いテープ、気管支拡張剤(ホクナリンテープ)を使い、咳や痰が多いときは去痰薬やうがい薬を使用します。
また慢性気管支炎の場合は、気管支拡張剤・去痰剤を服用しながら吸入療法も合わせて行なわれます。喫煙者の場合は禁煙をしなければいけません。


⇒ 肺炎

⇒ 慢性閉塞性肺疾患

⇒ 肺がん

⇒ 気胸

⇒ 胸膜炎


sponsored link



copyright©2014  【息切れ.com】〜苦しい息切れの原因や対処法〜  All Rights Reserved