【息切れ.com】〜白血病〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ikigire21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは息切れの原因となる病気、白血病について詳しく説明していきます。

白血病とは別名「血液のがん」とも呼ばれる病気で、多くは骨髄のみにとどまらず血液中にも白血病細胞があふれ出てくる血液疾患です。大きく分けると急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病 の4つの種類があります。

白血病が発症すると骨髄で白血病細胞が増加し溢れてしまい、正常な造血が出来なくなってしまいます。白血球が減少すると侵入してきた細菌やウイルスに対応できず、感染症にかかりやすくなってしまいます。赤血球が減少すると貧血に伴う、めまいやふらつき、動悸や息切れ、吐き気などの症状が現れます。血小板が減少すると出血しやすく、血も止まりにくくなります。さらに白血病細胞が全身に行き渡ると、様々な臓器に浸潤して機能障害を引き起こします。
ただし、慢性のものでは無症状の場合もあり、すべての患者が自覚しているというわけではありません。

白血病の治療は抗がん剤を用いた薬物治療が基本となります。肺がんや胃がんなどのがんでは、初期の場合に腫瘍を切除する外科手術を施すのに対し、白血病はがんと言ってもこのような外科手術を施せません。白血病の手術と言えば造血幹細胞移植です。造血幹細胞移植は骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植があります。


⇒ 鉄欠乏性貧血

⇒ 心筋症

⇒ 心筋梗塞

⇒ 急性心不全

⇒ 心臓神経症

⇒ 甲状腺機能亢進症


sponsored link



copyright©2014  【息切れ.com】〜苦しい息切れの原因や対処法〜  All Rights Reserved